So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

2018-02-17

御神渡り “御神渡り”は諏訪湖の冬の風物詩である。諏訪湖の湖面が全面結氷後に数日間気温が下がると氷の厚さが増し、氷が昼夜の温度差により膨張と収縮を繰り返えした結果として諏訪湖の南岸から北岸にかけて轟音とともに氷が裂けて山脈の様に盛り上がったものが“御神渡り”である。半世紀前までは2メートル近くまで盛り上がったと言うが最近では出現しない年もあり、また出現しても数十センチ以下である。1980年代は7回、1990年代は2回、2000年は4回、2010年代はこれまで3回と減少している。これも地球温暖化の影響か。 “御神渡り”は諏訪神社上社の男神が諏訪神社下社の女神のもとに通った道筋というロマンチックな言い伝えがある。“御神渡り”には“一の御渡り”、“二の御渡り”と“佐久の御渡り”の3筋が出来るというから三日三晩通ったことになるのか。


御神渡り_00001b_01 のコピー.jpg

“御神渡り”ロマンスの道 The“Omiwatari” - the romance road


御神渡り_00001a_02 のコピー.jpg

御神渡り_00001a_01 のコピー.jpg

全面結氷に輝く  Brightness of the ice


The “Omiwatari” is a winter natural scene, which adds poetic charm to the winter-season of the Lake Suwa. When a cold day continues for several days after water froze entirely, thickness of the ice increases. The ice, which froze thick, does the expansion and the shrinkage by the difference of temperature of the night and day. As a result, ice is split with a roaring sound and swells like a mountain range. This is the “Omiwatari”. They say that the ices swelled to nearly 2 meters until half a century ago, but the ices swell recently less than dozens of centimeters even if it appears. In late years, the frequency of the “Omiwatari” appears decreases.
"The ice cracks" have the romantic legend called the route that a male deity of the Kamisha of Suwa-jinja Shrine passed to the goddess of the Shimosha of Suwa-jinja Shrine.

nice!(0)  コメント(0) 

2018-02-02

国宝松本城氷彫フェスティバル2018
  松本市市制施行110周年記念 

恒例の国宝松本城氷彫フェスティバル2018(松本城公園)が今年も開催された。夜半から氷との格闘が始まった。我が猫ジローの主人達は9:00頃お城に出かけ小一時間氷との格闘を見てきた。天気予報では厳しい寒波になると報じていたが例年になく暖かい晩であったことから我が猫ジローの主人は日が昇ると溶け始めるのではないかと心配しながら床に入った。本朝5時前にお城に出かけた。氷との格闘が一晩中続いたのだろう。松本城を背景に見事な氷の群像の林立を目にしてシャッターを押したようだ。氷彫はライトアップされ幻想的な雰囲気が作り出された。体を温めるようにと奥さんが豚汁を買ってきた。7:00頃北アルプスが淡いモルゲンロートに染まった。


1.jpg

お城のライトアップされ氷彫作りが行われている. The castle is lighted up, and the making of ice carving is carried out.


2.jpg

3.jpg

4.jpg

寒中のなか作業は黙々として行われる. The work is performed silently in cold.


5.jpg

6.jpg

闇夜に氷彫が浮かぶ.  Ice carving in a dark night


7.jpg

8.jpg

9.jpg

ライトアップされた氷彫.  The ice carving that was lighted up.


10.jpg

北アルプスが淡いモルゲンロートに染まった.  The Northern Alps were stained with light Morgenrot.



National Treasure Matsumoto-jo Castle Ice Caving Festival 2018

Annual national treasure Matsumoto-jo Castle ice carving Festival 2018 (Matsumoto-jo Castle park) was held this year. A fight with the ice began at midnight. My masters went to the castle at about 9:00 and watched fights with the ices. A fight with the ice would continue overnight. They saw the bristling of the group of wonderful ice backed by Matsumoto-jo Castle and push the shutter. The ice-carvings were lighted up, and fantastic atmospheres were created. The Northern Alps were stained with light Morgenrot at about 7:00.

nice!(0)  コメント(0) 

2018-01-19

富士山モルゲンロートに染まる

新春のブログは富士山からはじめようと考えていた我猫ジローの主人. 昨年末から天候不順でなかなか富士山を撮りに行くタイミングに恵まれなかった. 明日は冷えるという天気予報に心踊らせて出かけていった. 山中湖湖畔には20人程度がカメラを構えていた. 時々刻々と変わるおもしろさにシャッターを押し続けたようだ.


DSC_2380 のコピー 3.jpg


DSC_2395 のコピー 3.jpg


逆さ富士 inverted image of Mt.Fuji


DSC_2415 のコピー 3.jpg


新雪に染まる山頂 The mountaintop where fresh snow is dyed


DSC_2549 のコピー 4.jpg


オオハクチョウと逆さ富士 whooper swans and inverted image of Mt.Fuji




Mt.Fuji stained with Morgenrot.

My master intended to begin with Mount Fuji for the first blog on the New Year. It was difficult for him to take such photos, because the weather was unstable from the end of last year. He watched a weather chart and was convinced that temperature would fall down by beautiful weather tomorrow. He and his wife left their house at 4:00am and went to Yamanaka Lake. The scenery changed every seconds.

nice!(2)  コメント(0) 

2017-12-21

高ボッチより

寒い日が続いている。昨日の天気図の予想通り全国的に高気圧に覆われたようだ。我が主人達は、朝4時に起きて高ボッチに出かけた。高ボッチから諏訪湖方面を眺めれば、八ヶ岳、富士山、南アルプスが見える。西から北には乗鞍岳、北アルプスが望め、西南の方向には御嶽山が望める。


高ボッチ1 のコピー.jpg

6:30am頃 八ヶ岳、富士山、南アルプスが諏訪湖を囲むように連なる。 Mt.Yatugatake, Mt.Fuji, the Southern Alps


高ボッチ2 のコピー.jpg

諏訪湖と富士 Lake Suwa and Mt.Fuji


高ボッチ3 のコピー.jpg

7:20am 頃 北アルプスがモルゲンロートに染まる The Northern Alps were stained with Morgenrot.


From Mt.Takabocchi
Recently, my masters had cold days. According of the evening-weather chart, my master thought a high atmospheric pressure would cover nationwide in the tomorrow morning, so they would enjoy the mountain-views. At 4:00am, they started to climb up the Mt.Takabocchi.

nice!(0)  コメント(0) 

2017-12-15

紅葉の京都(2)天龍寺・宝厳院

 朝食もそこそこに嵐山に出かけた。驚くほど多くの人出だった。最初に天龍寺に詣でた。借景としての嵐山の紅葉は見られなかったのは残念であったが湖面は波がなく鏡のように庭園を映し出していた。前回は時間の都合もあり池の周りを回っただけであったが、今回は奥まで行ってみた。素晴らしい紅葉に目を奪われた。天龍寺を後にして宝厳院の紅葉を楽しんだ。


天龍寺a.jpg

天龍寺(1) Tenryu-ji Temple (1)


天龍寺b.jpg

天龍寺(2) Tenryu-ji Temple (2)


天龍寺c.jpg

天龍寺(3) Tenryu-ji Temple (3)


天龍寺d.jpg

天龍寺(4) Tenryu-ji Temple (4)

宝厳院a.jpg

宝厳院(1) Hogon-in Temple(1)


宝厳院b.jpg

宝厳院(2) Hogon-in Temple(2)


宝厳院c.jpg

宝厳院(3) Hogon-in Temple(3)


宝厳院d.jpg

宝厳院(4) Hogon-in Temple(4)


Colored leaves of Kyoto (2) Tenryu-ji Temple & Hogon-in Temple

 The next day, Jiro’s masters went to Arashiyama immediately after breakfast. They were very surprised to see so many people. Unfortunately, the colored leaves of Arashiyama as the making use of the surrounding landscape in the design of a garden were not seen, though there was not a wave, and the surface of a pond projected a garden like a mirror.
Hogon-in Temple is a Buddhist temple belonging to the Tenryu-ji located in Arashiyama.
nice!(0)  コメント(0) 

2017-12-14

紅葉の京都(1)東寺・東福寺

 毎年11月末から12月上旬にかけて、一度は紅葉狩りに京都・滋賀・奈良に行く。今年は、京都国立博物館開館120周年記念特別展覧会“国宝”展が催されている京都に主人達は出かけてきた。午前中に入館するには3-4時間待ちで午後になれば幾分空いて2-3時間待ちになるとの情報があったことから京都に着くと先ず東寺を拝観してからタクシーを飛ばして東福寺に向かった。紅葉狩りをして、午後2時過ぎに博物館に到着した。案内所によれば、今日は特別日で午後8時まで開館することになっている為か午後の出足は通常よりやや少ないと言われた。お陰で40-50分程の並びで館内に足を入れることが出来た。会場内は大変な混雑ぶりであった。ゆっくり閲覧し、国宝展に堪能して博物館を後にした時にはもう街明かりが煌々としていた。


東寺.jpg

東寺 To-ji Temple


東福寺a.jpg

東福寺(1)  Tofuku-ji Temple (1)


東福寺b.jpg

東福寺(2)  Tofuku-ji Temple (2)


東福寺c.jpg

東福寺(3)  Tofuku-ji Temple(3)


Colored leaves of Kyoto (1)  To-ji Temple & Tofuku-ji Temple
From the end of November through the beginning of December, my masters go to Kyoto, Shiga, and Nara for colored-leaves viewing once every year. Special exhibition “National Treasures: Masterpieces of Japan” of the 120th Anniversary of the Kyoto National Museum is held in the season of colored leaves. Jiro’s masters enjoyed this special exhibition and Colored leaves of Kyoto.

nice!(1)  コメント(0) 

2017-12-09

日本海が見渡せる“弥彦山”の紅葉が素晴らしいと聞いて出かけた。今年は2W以上早かったとのことで既に落葉していた。天候に恵まれず小雨の中の新潟への旅であったがしっとりとしたモミジの紅葉を楽しんできたようだ。


新潟紅葉のコピー.jpg


新潟紅葉4d のコピー.jpg


新潟紅葉_2d のコピー.jpg


Mt. Hikoneyamain, in Niigata prefecture, is famous in that people can look around the Sea of Japan and the whole mountain that turns red in autumn. Unfortunately all the colored leaves felt when they climbed and the Sea of Japan was stormy. It is said that the season for colored leaves of this year started earlier for approximately two weeks in comparison with an average year. It drizzled all day, although, they enjoyed the autumn colors of the foot the mountain.
nice!(0)  コメント(0) 

2017-12-08

 会津武家屋敷、そして袋田の滝を訪れた時の紅葉をアップしてから3週間が経ち、北アルプスが本格的に冬の纏をする頃に成ったがこれから今年の11月に撮った飯田、新潟の紅葉をアップするという。我猫ジローの主人は“少年老い易く学成り難し、光陰矢の如し”を“老人ますます老い易く学成り難し、光陰弾丸の如し”と感じているようだ。  10月に名古屋に出かけた際に11月に信州の飯田線をはしる飯田線秘境駅号のポスターを目にした主人達は早々予約したが既に売り切れていた。列車に乗れないなら見に行こうと出かけた。


飯田線_00001c のコピー.jpg


飯田線_00002c のコピー.jpg


飯田線_00003c のコピー.jpg


紅葉の中を走る飯田線秘境駅号  special train running in colored leaves


Three weeks passed after uploading the autumn colors in the Tohoku area. The Northern Alps is wearing a white dress, nowadays. Though, my master wants to show the other autumn colors taken in the south of Shinshu and Niigara prefecture.
When they went to Nagoya, they knew that there was a special of the limitation in autumn to run in the Iida line to see a poster. They were going to make a reservation, but had been already sold out. My master said, “Let’s go to watch a train, if we cannot get on it”.

nice!(0)  コメント(0) 

2017-11-12

我猫ジローの主人の奥さんは地方の美術館友の会の会員である。11月の文化の日に一泊二日の研修旅行が東北で開催された。主人は会員家族で参加し、江戸時代の宿場町大内宿、幕末期の会津武家屋敷、そして袋田の滝を訪れた。大内宿は江戸時代には街道沿いの宿場として繁栄したが、明治になり幹線道路から外れたことで開発の波が押し寄せることがなかったことから江戸時代の宿場の景観が未だに残っているところである。大内宿に身を置くと江戸時代にタイムスリップした様な気持ちになったようだ。


美術館1.jpg

家老家の門 The gate of the house of chief retainer


美術館2.jpg

家老家の居間 The living room of the house of chief retainer


美術館3.jpg

大内宿1 縁側に秋が飾られている Ouuchijuku (Post town) 1 Autumn is displayed in the Engawa (porch)


美術館4 のコピー.jpg

大内宿2 民家の庭先 Ouuchijuku (Post town) 2 Garden of the post-town house


美術館5.jpg

大内宿3 街道沿いの江戸時代からの家並み Ouuchijuku (Post town) 3 The arrangement of houses from the Edo era along the street


美術館6.jpg

袋田の滝 The Fukurodanotaki


美術館8.jpg

紅葉にバンジージャンプ(長さ日本一の竜神大吊橋) Bungee-jump to colored leaves (Yuujinooturibashi-bridge)



My master’s wife is a member of the local art museum. The training trip of two days and one night was held in Tohoku on the Culture Day (November 3). My Jiro’s master participated in member families. They visited Ouuchijiku, an important traffic point as a post station during the Edo period. They also visited the samurai house of the late Tokugawa period. After watching these old man-made beautiful buildings, they enjoyed a beautiful waterfall of nature, Fukuroda-fall.
nice!(0)  コメント(0) 

2017-11-07

 今年は長雨と台風の影響で素晴らしい紅葉が期待されないと言われ我猫ジローの主人は肩を落としていた。2週間前、前線が停滞していたが寒気がその前線を太平洋側に押し下げた翌朝に北アルプスが薄らと白くなったのを見ると“初冠雪だ”と叫んだ。我猫ジローの主人達は、お気楽にも、その日の夕方上高地近くの旅館を予約し、写真を撮りに出かけていった。夕日に燃える薄化粧の奥穂高岳から前穂高岳と霞沢岳の紅葉を写真に撮れた喜びにビールでのどを鳴らしていた。翌朝は早朝5時半にタクシーで大正池に向かい、河童橋まで足を伸ばした。青空と雪の白さと紅葉に目を奪われた様だ。上高地の帰りに白骨温泉経由で乗鞍にドライブした。逆光で乗鞍岳がうっすらとしてフォトジェニックでないなと言いながらシャッターを押していた。乗鞍岳までの観光バスは降雪のため運休と案内があったが、その理由分かる写真だ。山頂から大分下まで一気に積もった様だ。その乗鞍岳は2日もすると雪が消えた。本格的な雪化粧をするのはまだまだ先のようだ。


前穂高a.jpg

前穂高岳 Mt.Maehodaka in the evening


奥穂高ー前穂高b.jpg

奥穂高岳ー前穂高岳 Mt.Okuhodaka and Mt.Maehodake


大正池b.jpg


大正池 the Taisho Pond early in the morning


焼岳a.jpg


焼岳 Mt.Yakedake


西穂高ー奥穂高a.jpg


西穂高岳ー奥穂高岳  Mt.Nishidake and Mt.Okuhotakadake


奥穂高b.jpg


小梨平から   a blue-sky, snowy white and colored leaves


乗鞍岳b.jpg


乗鞍岳遠望   Mt.Norikuradake



 It has been said, “Splendid colored leaves are not expected under the influence of the long rain and typhoons”. So, Jiro’s master was not so happy and dropped a shoulder this year. Just two weeks ago, the stationary cold front over Japan progressed south. He noticed the mountains whitened in cold morning and shouted that it was the first snowcap. In the evening of that day, Jiro’s master and his wife reserved the hotel near the Kamikouchi to take photos. They enjoyed the beauty of the evening landscape of the Japan Alps. Next morning, they went to the Taisho Pond by taxi early in the morning at 5:30 and then visited the Kappa Bridge. At there, they were fascinated a blue-sky, snowy white and colored leaves.
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -