So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

2017-10-11

早いもので我猫ジローの主人達がメキシコから帰国し1週間が経つ。彼らは南国メキシコのリゾート地カンクンから高速フェリーで30分ほどのイスラ・ムヘーレス島で3週間弱滞在した。帰国後久々に晴れた先週の日曜日主人達は乗鞍高原にドライブ。やや高曇りではあったが乗鞍岳と高原の紅葉を楽しめたようだ。月曜日も晴れたので主人は一人で乗鞍高原に行った。真紅に燃えるカエデと乗鞍主峰に満足。


DSC_1552 のコピー 2.jpg


高曇りの日曜日に撮影。落ち着いた色調の紅葉を楽しむ。


DSC_1568 のコピー 2.jpg

白樺と漆の紅葉。


DSC_1596 のコピー 2.jpg

静寂を感じる一枚。


DSC_1673 のコピー 2.jpg


DSC_1702 のコピー 2.jpg

晴天に映えるカエデ。乗鞍岳から吹き降ろす風が強いことから葉の表と裏が紅葉するため一般的な紅葉よりより鮮やかになると言われている。


My Jiro’s masters went back to their town from Mexico, and one week passed. They stayed in the Isla Mujeres island, approximately 30 minutes from resort Cancun by a high-speed ferry, for a little less than three weeks. The last Sunday, they drove to the Norikura high-land and found the “Autumnal scenery”. It was high cloudy, however, they were enjoying to see the mountain range of Norikura and colored leaves of trees. On the next day, my master drove again by himself to the Norikura, and found a maple tree, which was so colored. It is said that the leaves of this tree become brighter more than general colored leaves, because the front and the back of the each leaf turns red. Why? As for the leaves, both side of the leaf are exposed to sunlight equally by the wind from the Mt. Norikura.
nice!(0)  コメント(0) 

2017-09-13

夏山の思いで
  野菜やサンマが高騰している。夏の日照不足と海水温が高くなった為という。この夏は、山の天候に恵まれなかったことから、山の写真を撮るものにとって厳しいものであった。我猫ジローの主人は山に登れていない。彼の知人も写真が撮れていないという。7月下旬に乗鞍岳に登った時の写真をアップするという。この時は北アルプス山脈と満天の星が楽しめると天気図から判断して登ったようだが夕方の雷雨から始まり朝方まで雨に降られた。コマクサにとっては恵みの雨だったのか生き生きとしていたという。


乗鞍岳_00005修正aa のコピー.jpg


乗鞍岳_00003修正aa のコピー.jpg


乗鞍岳_00002修正aa のコピー.jpg


槍穂高遠望 モノクロA のコピー 2.jpg



One memory of the mountain in summer

The price of vegetables and sanma (Pacific saury) is going up, now.  The bottom causes are both the summer lack of sunshine and the seawater warming. The weather of the mountain in this summer was also bad, so, it was hard time for the photographer of the mountain. Nekojiro’s master climbed up the mountain, only one time! He says he will upload some photographs when he and his wife climbed Norikuradake in the end of July.
Judging from a weather char, they thought they would enjoy brightness of the stars above the Northern Alps Mountains. Unfortunately, they had a thunderstorm of the evening and were caught in the rain until early in the morning. The rain was benefits upon flowers. They made lively.

nice!(0)  コメント(0) 

2017-08-05

虹の彼方に  Somewhere over the rainbow

 “悪魔ののど笛”を散策後、旅の最終目的地アルゼンチン・ブラジル・パラグアイの三国国境地帯に向かう.イグアスの滝を離れ、しばらくすると車窓からみえる草原地帯と散在する町並みが赤みを帯びてくる.その景観に突然ジュディー・ガーランドが歌う「虹の彼方に」が我猫ジローの主人の頭の中を駆け巡る.60数年間の間に貯めた記憶の中で赤みを帯びた町並みと魔法使いオズが住むというエメラルドの都が結びついたのであろう.雨期に跳ね上がる泥水が赤いならそれが目立たなくするように家から電信柱まで赤く塗っておこうという発想に驚く.イグアスの滝で虹を見、澄んだ青空も「虹の彼方に」を思い出させたのだろう.  三国境界点に立つ.ジュディー・ガーランドは“Bluebirds fly. Birds fly over the rainbow.”と歌う.鳥も川の流れも国境線には無頓着なようだ.   モニュメントに別れを告げ、これから25時間のフライトの出発点となるイグアス空港に向かう.



バス  のコピー.jpg

今回乗った観光バス、イグアス公園内のバスは全てが新しい車であった.これは環境保全のために2年で車両を変える規約によるためという.ジャングル内の輸送は電気自動車であった. For environmental conservation, new cars and electric cars are used in the National Park.


DSC02583 のコピー 2.jpg

蝶 のコピー.jpg

道路も町並みも赤い.電柱も下の部分が赤く塗られている.蝶も赤に映える. Both the road and the cityscape are red, and the lower part of utility poles are painted red.  The butterfly, on a red-road.


DSC02586 のコピー.jpg
三国国境地帯.右奥から手前に流れるのがイグアス川で右上のブラジルとアルゼンチの間を流れパラナ川に合流する.パラナ川の左側がパラグアイである. In this photo, the Iguassu river flows out of the right side and joins the Parana river. The Iguassu river flows between Brazil (upper part of the photo) and Argentina (lower part), the Parana river between Paraguay and both Brazil and Argentina.



Somewhere over the rainbow

After trekking in "the windpipe of the devil", Jiro’s masters got in their bus to go to the “Tripoint” of Argentina, Brazil, and Paraguay, which was the last destination of their tour. They saw the red earth and the red cityscape from the bus window. These scenes put "Somewhere over the rainbow", which Judy Garland sang, into master’s brain. Probably he found some kind of common points in the red cityscape and the emerald capital in the wizard of Oz in his old memory. They paint houses and telephone poles in red, because the red-paintings make them less noticeable if muddy jumping up in the wet season.
They came to the three boundary marks. Judy Garland sang, “Bluebirds fly. Birds fly over the rainbow.”  Both birds and the flow of the rivers seem to be unconcerned about the borderline.
They said good-bye to the monument and went to the Iguassu airport. It is a starting point of the 25-hour flight to Japan.

nice!(1)  コメント(0) 

2017-08-02

イグアスの滝 II

今日はアルゼンチン側からイグアスの滝を散策するという。昨日同様に曙色の空をみる。暑くなりそうだ。半袖で行きたいところが虫対策のため長袖長ズボンに身を包んで出かけた。1100メーターの幅がある“悪魔ののど笛”Devil’s Throatでは奥さんの声が聞こえない程の轟音に肝を潰す。南米らしいカラフルな蝶を目にして昆虫少年の頃を思い出す主人であった。


DSC_0776 のコピーa a a.jpg

イグアスの滝をアルゼンチン側から散策1 Watching the Iguassu falls from the Argentina side 1.


DSC_0860 のコピーa a.jpg

イグアスの滝をアルゼンチン側から散策2 Watching the Iguassu falls from the Argentina side 2.


DSC_0914 のコピーa.jpg

イグアスの滝をアルゼンチン側から散策3 Watching the Iguassu falls from the Argentina side 3.


DSC_0892 のコピーa.jpg

イグアスの滝をアルゼンチン側から散策4 Watching the Iguassu falls from the Argentina side 4.


蝶1a a.jpg

チョウチョ1. Butterflies 1.


蝶2 a .jpg

チョウチョ2. Butterflies 2.



Iguassu falls II

Today they will watch the Iguassu falls from the Argentina side. Beginning color in the early morning is the same as that of last day, so my master thinks it may be hot. They want to go there with short sleeves and short pants, though they wear both long sleeves and pants to prevent to be bitten by insects. My master is surprised at a roaring sound, as he does not hear the voice of his wife in “windpipe Devil’s Throat”.
He watches several colorful butterflies, remembering the time when he collected butterflies at childhood.




2017-08-01

イグアスの滝 I

 ブラジル側のイグアスのホテルで目覚める。ビルの合間からのご来光に奥さんはビデオを回す。一昨日クスコからリマに戻り、昨日リマからイグアスに空路で移動してきた。移動時間は4時間程度であったから十分に体を休めることが出来たようだ。控えめだがしっかりと朝食がとれた。今日の午前中は“イグアスの滝ヘリコプター遊覧飛行”、午後はイグアスの滝をブラジル側から約300の滝を下から見上げる散策ツアーに参加し、その後ボートで滝にまで行くイグアスの滝の人気アクティビティに参加すると言う。体調の回復に感謝。  既に乾季に入りイグアスの滝の水量は減っている時期だが雨季並に水量があるという。ピスコの空港でドイツ人夫婦にイグアスでは雨の中の散策であったと聞いたがその影響と思われる。広大なジャングルに幾筋かの川がありそれがイグアスの滝に集まっているのを空から見ると少しの雨でも膨大な水量になる事は推し量られる。


イグアスの滝1a b.jpg

曙色の空をホテルの窓からみる Beginning color in the early morning from the hotel window


イグアスの滝3a.jpg

イグアスの滝ヘリコプター遊覧飛行1. 機内から撮影. 広大なジャングルをゆったりと流れる. Waterfall helicopter sight-seeing flight 1. Photograph it from the helicopter.  The flow of the river was very slow.


イグアスの滝3aa.jpg

イグアスの滝ヘリコプター遊覧飛行2 機内から撮影. 水は我先にと一気に流れ込む. Waterfall helicopter sight-seeing flight 2. Photograph it from the helicopter.


イグアスの滝4aa.jpg

イグアスの滝をブラジル側から散策1-1 Watching the Iguassu falls from the Brazilian side 1-1.


イグアスの滝4abaa .jpg

イグアスの滝をブラジル側から散策1-2 パノラマ写真 Watching the Iguassu falls from the Brazilian side 1-2. Panoramic photo.


イグアスの滝5a a.jpg

イグアスの滝をブラジル側から散策2 Watching the Iguassu falls from the Brazilian side 2.


イグアスの滝6aa.jpg

イグアスの滝をブラジル側から散策3 Watching the Iguassu falls from the Brazilian side 3.


イグアスの滝7aa.jpg

イグアスの滝をブラジル側から散策4 Watching the Iguassu falls from the Brazilian side 4.


イグアスの滝8aa a.jpg

イグアスの滝をブラジル側から散策5 Watching the Iguassu falls from the Brazilian side 5.


イグアスの滝9a aa.jpg

イグアスの滝をブラジル側から散策6 Watching the Iguassu falls from the Brazilian side 6.


Iguassu falls I

The Iguassu falls, Victoria Falls, is a large waterfall on the boarder between Argentina and Brazil.
Jiro’master waked in a hotel, which is located in the Brazilian side. His wife took video in the view of the sunrise, which came in the valley of the buildings. They came back to Lima from Cusco the day before yesterday and moved to Iguassu yesterday in an air route from Lima. It took only 4 hours flight, so he seemed to be able to take a rest enough. He got small breakfast about six-tenth of stomach. They took a hard schedule, a sightseeing of the waterfalls by helicopter flight, then participating a walk tour to look up at approximately 300 waterfalls rom the Brazilian side and then participating in the popular activity of the waterfall of Iguassu, going on a boat to the basin of the waterfalls. He thanked for recovery of the physical condition.
It is said that there is quantity of water of the waterfall of Iguassu like wet season, even though the dry season already begins. He heard from a German couple at the airport of Pisco that they walked in the heavy rain in the Iguassu falls. The quantity of water of the river might increase because of rain at that time. My master recognized several large rivers in the very large jungle from the sky.








2017-07-30

クスコ コルプス・クリスティ祭

 我猫ジローの主人はインカ道からホテルに戻り上機嫌で夕食を楽しんだ。ビールも最高と言った。2時間ほどしてから激しい腹痛と下痢にみまわれ一晩中トイレに通った。奥さんも今回の旅はこれ以上無理と思ったようだ。脱水にならぬようにとコカ茶をこまめに飲んだのが良かったのか朝方には下痢はおさまった。ラッキーなことに列車は4人乗りのスペースを使うことが出来、チャーターしていたバスでは後部座席で横になることが出来たことでゆっくり休息がとれた。奥さんがクスコ市内観光と生演奏付きの昼食を楽しんでいるとき主人は水分補給をしながらバスの後部座席で待っていた。  クスコ市内はインティライミInti Raymiと同じく毎年6月(年により5月)に行われる「Corpus Christiコルプス・クリスティ祭」で大変な賑わいであったという。Corpus Christiの日はペルー全土では平日だが、インカの都クスコでは祝日になり、クスコの人々にはとって大切なお祭りだという。メキシコで見た人間ピラミッドもやってたよと奥さんは語る。調べてみると、人間の塔“Castellers ”はスペインのカタルーニャ地方の伝統的な風物詩らしい。年一回のお祭りに出会えるとは運が良い。  今回は奥さんが撮影した写真をアップするという。


クスコ市内1.jpg
クスコ市内1 Cusco city sightseeing 1


クスコ市内2.jpg

クスコ市内2 Cusco city sightseeing 2


クスコ市内3.jpg

クスコ市内3 Cusco city sightseeing 3


12角の石.jpg

12角の石 La Piedra de los Doce Ángulos


民族衣装 のコピー.jpg

民族衣装で着飾ったモデルさんと With the model who dressed up in folk costume


レストランで生演奏.jpg

レストランで生演奏を楽しむ Enjoying live performance at a restaurant


人間の塔 のコピー.jpg

コルプス・クリスティ祭 人間の塔 The Corpus Christi festival, human being tower



Cusco - Corpus Christi Festival -

Jiro’s master came back to the hotel from the Inca road and enjoyed dinner in high spirits. The beer was called the best. He was hit by intense abdominal pain and diarrhea after taking dinner for approximately two hours and went to the restroom overnight. The wife seemed to think that this trip was impossible to continue and to forget Iguassu falls. The diarrhea was relieved in early in the morning whether he should have had drunk coca tea diligently to prevent a dehydration. For a lucky thing, the train was not crowded, so he was able to use the space of four people by himself alone. He also took rest in all rear seats by bus, which they chartered. When his wife enjoyed Cusco city sightseeing and lunch with live performance, he was waiting in the rear seat of the bus. He took only mineral water.
In the Cusco city, she said that it was serious turnout by " Corpus Christi festival”, which was carried out in June (by a year May) every year as well as Inti Raymi. A day of Corpus Christi is weekdays in the whole land of Peru, but it is in capital Cusco of the Inca civilization on a holiday, and it is said that it is an important festival to people of Cusco. His wife told that she saw a human being tower, which we saw in Mexico. He called up Human tower "Castellers" of the Spanish Catalonia district. It was lucky for her to be able to come across an annual festival. This time he showed photos taken by his wife.

2017-07-29

マチュピチュ IV –山岳崇拝−
 主人のガイドブックには、“マチュピチュは1450年頃に建設が始まり1540年頃にはインカ人は突然この地を去ったがその理由は分からない”とある。また、現在の保存状態を保ったのは100本以上の水路が雨水を逃したからにほかならないと解説してあった。登山の際に山の神に安全を祈願し、山頂の祠で無事登れたことに感謝し、山頂に設置されている山々を模ったレリーフでそこから遠望出来る山々を眺める登山者としてこの問題を主人なりに考えたようだ。  マチュピチュには山のモニュメントがある。ヤナンティンApu YanantinのモニュメントとワイナピチュHuayna Picchuとプトゥクシ山Putuccusiのモニュメントとである。ワイナピチュのモニュメントはヤナンティンを模しているとも言われている。モニュメントには神への捧げ物を置くところが作られている。インカ人は山岳崇拝をする人々で、これらのモニュメントは日本のお社に相応するものではないかと主人は考えている様だ。  市街地入り口手前の水路の右岸は左岸に比べ大きく下がっている。水路を辿っていくとプトゥクシ山が大きく削りとられた崖にいきつく。また、ハイラム・ビンガムが見つけたときから崩れていたと言われる主神殿El Templo Principalの右側の壁の延長線はプトゥクシ山の崖に達する。断層。プトゥクシ山のモニュメントに大きく削りとられた崖が見られないことからマチュピチュが完成してから断層が生じたのではないだろうか。地殻の変動に敬虔なる山岳崇拝であるインカ人は山を下りたのではないだろうか。そして1911年ハイラム・ビンガムに発見されるまで眠りについたのではないかと思っているようだ。  断層1と断層2は奥さんが撮影したビデオからの写真である。


聖なる石 a.jpg

ワイナピチュの登山口にある聖なる石Roca Sagrade。聖なる石はヤナンティンのモニュメントである。登山口にあることから日本の山の神と想像したようだ。 Sacred stone Roca Sagrade in the starting point of a mountain climb of Huayna Picchu. The sacred stone is a monument of Apu Yanantin.


ワイナピチュ−1 a.jpg

ワイナピチュを模ったモニュメント。右の石はプトゥクシ山を模している。 The monument of Huayna Picchu. The right stone imitates Mt. Putuccusi.


ワイナピチュ2 a.jpg

ワイナピチュを模ったモニュメントを違う角度から見るとヤナンティンを模した様に見える。 Watching the monument of Huayna Picchu from the other angle, it seems to imitate Apu Yanantin.


マチュピチュ_00008修正a のコピー 3.jpg

市街地入り口手前からのマチュピチュの全景。水路の左岸がはっきり認められる。 Whole a view of Machu Picchu from the city area entrance. The left bank of the waterway is recognized clearly.


断層−1a.jpg

断層−1 水路の左岸と右岸の高さの違いがはっきり分かる。水路の延長がプトゥクシ山の断層に続く。 Dislocation-1. Difference in height of the right bank and the left bank of waterway is clear. The extension of the waterway continues in the dislocation of the Mt. Putuccusi. (Photograph from a video picture)


断層−2a.jpg

断層−2 主神殿右の石積みの崩れ。  Dislocation-2. The break of piling-stones of El Templo Principal. (Photograph from a video picture)



Machu Picchu IV -Faith worshiping mountains-

A guidebook of the master describes “The construction of Machu Picchu began in about A.D.1450 and the Inca left this place suddenly in about A.D.1540. Waterways more than 100 misses rainwater and so the current state of Machu Picchu is preserved.” The book does not mention this mystery.
When my master prays a god of the mountain for security in the case of mountain climbing and thanks at the small shrine of the mountaintop for a safety climbing. He looks at the mountains, which he can view a distance with the relief, which models them installed in the mountaintop. He seems to think about this mystery as a mountaineer.
The right bank of the waterway of the city area entrance falls down greatly in comparison with the left bank. When my master traced the waterway, he watched the steep cliff in Mt. Putuccusi. In addition, the extension line of the wall on the right side of El Templo Principal, in which Hiram Bingham found the collapsed, reaches the cliff of Mt. Putuccusi. Dislocation! My master thought that the Inca, who were the pious mountains worship, might go down the mountain for the change of the earth crust. And so Machu Picchu itself might fall asleep until it was discovered in Hiram Bingham in 1911.




2017-07-27

マチュピチュ III −インカ道− 

 昼食をサンクチュアリ・ロッジでとった後再度遺跡に入場し再び急坂を登り分岐点を左に進みインカ道をマチュピチュへの入り口の門と言われるインティプンク(太陽の門:Intipunku)まで往復する。インティプンクまでのインカ道には花崗岩と青い色をした石が美しく敷かれている。青い色はたぶん蛇紋岩と思われる。可憐な花を道端に見つけシャッタを押した。


追分 の標識a.jpg

マチュピチュ遺跡と太陽の門への分岐点の標識 1. 山腹にインカ道を見る. The turning point to the remains of Machu Picchu and Intipunku (The Sun Gate) 1. The Inca road on the hillside.


追分をインカ道へa.jpg

マチュピチュ遺跡と太陽の門への分岐点の標識 2. ワイナピチュを背に太陽の門へ歩む The turning point to the remains of Machu Picchu and Intipunku (The Sun Gate) 2. Turning the back on Huayna Picchu and keep walking to Intipunku.



インカ道−リャマ a.jpg

マチュピチュ遺跡の広場下のインカ道,垂直に積まれた石垣がすばらしい.上の広場ではリャマが食事中 At the edge of the open space of the remains of Machu Picchu, a stonewall piled up perpendicularly from the Inca road. On the open space, Lamas are eating grass.


儀式の石 a のコピー.jpg

宿泊施設タンボa のコピー.jpg

樹林帯を進むとワイナピチュが望めるところに儀式の石と当時の宿泊施設タンボがある. 当時特別な人々だけがマチュピチュに行くことが出来,一般の人はこの先に足を進めることが出来なかったと言われている. Through the forest zone, Jiro’s owner found the stone used for the religious ceremony and accommodations “Tambo”. At that point, they could view the remains of Machu Picchu from a distance. It is said that the general person was not able to push forward a foot ahead from here in those days. Only special person could go to Machu Picchu.


儀式の石を回り込むa のコピー.jpg

儀式の石を巻きさらに数メートル登るととマチュピチュの全貌を望める Surrounding the stone and climbed up several meters, they had a whole view of the remains of Machu Picchu.


太陽の門1a.jpg

太陽の門 城塞の趣がある. The Intipunku: the stone gate is like the castle.


太陽の門2a.jpg

太陽の門からマチュピチュを望む クスコからの旅人はここに来て始めてマチュピチュを目にしたという。 Watching the remains of Machu Picchu from the Intipunku. It is said that the traveler from Cusco overlooked Machu Picchu finally from here.


インカ道とハイラム・ビンガム・ロードa.jpg

太陽の門からはマチュピチュ,インカ道とハイラム・ビンガム・ロードを遠望出来る. ハイラム・ビンガム・ロードには何台かのバスを見ることが出来る. Distant view from the Intipunku: Machu Picchu, the Inca road, and Hiram Bingham road.


インカの花 道端a a のコピー.jpg

インカ花1a.jpg

インカ花2a.jpg

インカ花3a.jpg

インカ道で見た花々 The flowers on the Inca road.



Machu Picchu III -Inca roads-

After having had lunch in a lodge, my owners climbed the steep slope again and went ahead through the turning point to the left and kept walking toward the Intipunku (The Sun Gate). Intipunku is called the gate of the entrance to Machu Picchu. The Inca roads are paved with granite and probably serpentines.
Jiro’s owner found pretty flowers on the roadside and pushed the shutter.

2017-07-25

マチュピチュ II
 既に暦の上では乾季に入っていると言うが2,3日前まで天候が悪く雨であったというマチュピチュ村に薄暗くなってから到着した。夕食後村の中心街に足を伸ばした我猫ジローの主人はマチュピチュ山の頂に子供の頃から憧れていた南十字星の瞬きみる。  早朝5:00頃からホテルの前の道を登っていく老若男女をみる。多くはペルー人でその中に少数の西洋人風のトレッカーが混じっていた。バスは高価であることと一日の入場者数の制限があることから早朝から出発するのだという。事前予約がある主人たちも早朝のバスに乗り遅れると遺跡での見学時間が少なくなるとガイドに急かされバス停に向かう。19番目のバスにようやく乗れた。  現地のガイドさんが素晴らしい天候に恵まれています。暑くなりますよと言う。通常のガイド時間は2時間から2時間半と言われているが、数日間雨が降ったお陰で遺跡は緑の絨毯、マチュピチュ山の裏手には万年雪を頂いた6000m級のサルカンタイ山、リャマもゆったりと草を食む景色にガイドさんも時間を忘れたようだ。団体のツアー客をやり過ごしては説明をしてくれたり写真を撮ってくれたりの大サービスで4時間もガイドしてくれた。インカ時間を堪能した主人たちだ。  主人は、ガイドクックに無いアングルをアップしようとしているようだ。


マチュピチュ_00007修正a のコピー 3.jpg

朝の柔らかな日差しの中のマチュピチュ(8:00am頃). 紫外線が強いのか通常の露出設定では真っ白にしか写らない. -2にして5段階で撮影した. Machu Picchu (about 8:00 a.m.) in gentle sunlight of the morning.


マチュピチュ_00008修正a のコピー 3.jpg

日差しが強くなった10:00am頃 About 10:00 a.m. when sunlight became strong


マチュピチュ_00009修正a のコピー 3.jpg

額に入るワイナピチュ Huayna Picchu in the stone frame


マチュピチュ_00010修正a のコピー 3.jpg

植物園とワイナピチュ A little botanical garden and Huayna Picchu


マチュピチュ_000011 のコピー 3.jpg

日差しが強くなった12:00am頃 About 12:00 a.m. when sunlight became more strong


Machu Picchu II

In Peru, my owner’s guide said, “ the dry season has already begun on the calendar, but weather was bad and rainy until two or three days ago”. They arrived at the Machu Picchu village after it became dusky.
My owner took a walk to the center of the village after dinner with his wife and watched a blink of the Southern Cross, which he longed for to see from kid, on the top of the Machu Picchu Mountain.
I look after any people regardless of age or sex climbing the way in front of the hotel early in the morning from about 5:00am. Few Westerner trekkers joined a lot in Peruvians. It is said that they leave the early morning because the bus is an expensive thing and a limit of the daily attendance.
A local guide is blessed with splendid weather after rainy days. A normal guide time is two and a half hours from two hours, but he seemed to forget time for the scenery, a green carpet of grass, lamas, the snow-capped mountains over the 6000m, and so on. It was amazing, more 4 hours guide.
Jiro’s owner thanks for “Inca Time”.


2017-07-23

マチュピチュ I
—リマからマチュピチュ村へ−  昨日は4:00amの朝食に未だスペイン領の名残としてのコンチネンタル・ブレックファーストと思ったらしい。本朝は6:00amにレストランに行くとアメリカンブレックファーストで、さらに日本人観光客向けにアレンジされた粥、味噌汁、さらに作りたての豆腐にアサツキが添えられているのに驚いたようだ。  リマから空路でクスコ, そこからバスでオリャンタイタンポ,さらに列車でマチュピチュ村に向かった。


P6130177 のコピー.jpg

リマから空路でクスコへ 窓越しにアンデス山脈をみる Andes through a window of jet plane from Lima to Cusco


DSC_0345 のコピー.jpg

クスコ市街を見下ろす丘にて Cusco-city from the hill


DSC_0354 のコピー.jpg

牛の置物: 沖縄のシーサーの魔除けと同じという。舌を出しているのはスペインに征服された事に対する無言の抵抗を意味するという。 Cattle statues: They, sticking out their tongues, place as talismans against evil on roofs.


P6130214 のコピー.jpg

列車の乗車券—乗車するときに回収される− a train ticket: collected at getting on it


DSC_0399 のコピー.jpg

オリャンタイタンポからマチュピチュ村への展望列車からアンデス山脈 Andes through a window of the dome liner from Ollantaytambo to Machu Picchu


Machu Picchu I
- From Lima to Machu Picchu-

A breakfast, eaten yesterday at 4:00 am, was really a continental style. Today our masters took it at 6:00 am. They surprised a large variety of cooked foods, like the American Breakfast. They also found rice-porridges, miso soups and soybean-curds with spring onions.
They traveled used a jet, a bus, and a train from Lima to Machu Picchu.





前の10件 | -