So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

2018-04-18

春山−五竜岳
主人の友達から“お前は本当にモルゲンロート”が好きだなとメールがあった。山の写真は朝日が昇る前と日没直前からの30分ほどが好みの主人だが、自然風景は刻々と変化するがいいと言った画家がいた。我主人も移りゆく自然の変化を楽しんで昼間もシャッターを押している。帰宅すると奥さんから“先日NHKに投稿した五竜岳のビデオが採択され明日放映されるとの連絡があった”と報告を受けた。主人は、奥さんが撮影した五竜岳の映像放映に合わせて五竜岳のブログをアップしようとコンピューターに向かった。


五竜岳-1.jpg

五竜-1 ゴンドラとロープウェイを乗り継ぎ、終点から小一時間ほどアイゼンを付けて登り遠見尾根越しに五竜岳を望む 一ノ背髪にて Mt.Goryu-dake over the Toomi-ridge


五竜岳-2.jpg

五竜-2 小遠見尾根方面に登山者を見る  a mountaineer


五竜岳-3.jpg

五竜-3 小遠見尾根より五竜岳を望む  watching Mt.Goryu-dake from the Toomi-ridge


一ノ背髪.jpg

五竜-4 下山時には天上に太陽を仰ぐ 一ノ背髪にて My masters in front of the mark “Ichinosegami”


Mountain in spring – Mt.Goryu-dake
My master had an email from his friend. It said, “you really like the mountains of the morning glow”. He thinks that approximately 30 minutes before the sunrise and after the sunset are good from taking photographs of the mountain. There was the great painter who said that the natural scenery should change every moment. He also enjoys scenery of changing nature and pushes the shutter in the daytime. When he came home, his wife reported joyfully “A video of Goryudake which I contributed to NHK is televised tomorrow”. To hear that, he decided to upload blog of Goryu-dake.
nice!(2)  コメント(0) 

2018-04-10

花見−1
我猫ジローの主人達は今年も桜見物に出かける。我弟分のチュラ(ミニチュアダックスフンド)はおとなしくお留守番。奥さんの希望で韮崎にドライブした。


神代桜 のコピー.jpg

山高神代桜(日本三大桜の一つで国指定天然記念物。樹高10.3m、根元・幹周り11.8m、推定樹齢1,800年とも2,000年) Jinndai-sakura: one of the Japan's three biggest cherry trees, a country designation natural monument (10.3m height, trunk circumference 11.8m, estimated 1800 years old).


わに塚-1.jpg


わに塚-2.jpg

「わに塚のサクラ」(樹齢約320年) “Wani-Tuka sakura”: estimated 320 years old.


Cherry-blossom viewing-1
 My masters have gone for cherry blossoms sightseeing for several times. These are the annual events for them. My younger brother Chura, miniature dachshund, stays at home quietly. This time, he went for a drive for the hope of his wife in Nirasaki.

nice!(2)  コメント(0) 

2018-04-08

アルプスに春
 枕草子に“春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山際、少し明かりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる”とある。もし、清少納言が朝焼けの信州の山々を望み見たとすれば“春はあけぼの。やうやう紫だちたる山際”と著したのではないだろうか。春のモルゲンロートは厳冬期の紅色からピンクがかった薄紅色になり、山際は紫だつ。この紫は木々の芽吹きよるものだろう。


810五竜_00001a のコピー.jpg

D810五竜_00010B のコピー.jpg

D810五竜_00010B_01 のコピー.jpg


The Nippon Alps in spring
“In spring it is the dawn that is most beautiful. As the light creeps over the hills, their outlines are dyed a faint red and wisps of purplish cloud trail over them.” (Translated by Ivan Morris). If Seashore Nagging had a chance to see the Nippon Alps in spring, she would write as follow, “In spring it is the dawn that is most beautiful. As the light creeps, the mountains are turning purple”. In the cold winter period, the mountains are dyed red in the early morning. The top of mountains are dyed a light pink color and their hillsides are turning purple in the spring. The purple would depend on putting forth buds of trees.

nice!(2)  コメント(0) 

2018-03-22

ライセンス更新—京都
 京都の講習会は午前9時から始まることから前日から出かけて行った。どうせ行くならということで梅と紅葉で有名な神社であり、また学問の神様菅原道真公をお祀りした北野天満宮にお参りをしようと朝早くから出かけて行った。さらに京都文化博物館で“ターナー風景の詩”に見入ったようだ。丸1日の講習を終え、無事更新に必要な単位数を得て帰宅してきた。


鳥居.jpg

鳥居 Torii


菅原道真公.jpg

菅原道真公 Prince God Michizane Sugawara of the study


牛と梅.jpg

牛の石像と紅梅と白梅 A stone statue of the cow, and Japanese apricots with red blossoms and white plum blossoms


境内1.jpg

境内2.jpg

境内3.jpg

境内4.jpg

境内 some pictures in precincts


メジロ .jpg

めじろ birds, called white-eye ( a bird of the silvereye group)


Update a special lience-2
My master went out from the day before, because the class of Kyoto began at 9:00 a.m. In going anyway, he visited the Kitano-Tenmangu Shrine, which is famous for a plum and colored leaves, and he worshiped Prince God Michizane Sugawara of the study. Furthermore, he seemed to watch "poetry of the Turner scenery" in Kyoto culture Museum. He finished a full one-day class and came back to home. Now he had an enough credit for update.

nice!(0)  コメント(0) 

2018-03-19

ライセンス更新1ー東京
 我猫ジローの主人は仕事の都合で幾つかのライセンスを持っている。今年の3月にそのうちの一つが切れる。このライセンスは5年ごとに更新する必要があり、更新のためには規定数の講習を受ける必要がある。更新するには後3コース受講する必要がある。70歳が手に届くところにきたことからもう一度更新するかどうか迷っていたが、4月からも仕事を続けることになったことから更新することを決心し、東京と京都で催される講習会に出席することにした。  東京での講習会を終え新宿駅に向かった。駅のプラットホームには多くの鉄道ファンが集まり、これから主人が乗車しようとする特急スーパーあずさの写真を撮っていた。主人がそのうちの一人に“これは珍しい車両ですか”と訪ねると、“この車両はもうすぐ見られなくなるから記念撮影をしている。あなたも写真に撮っておくといい。”と言われた。あまり鉄道には興味がない主人だがシャッターを押した。主人が驚いた事に松本に着くまでに、多くの駅、沿線で主人の乗った列車を撮影している人を見たことだ。主人も車窓からそんな人々を写真におさめた。後日主人は主人が乗車した“スーパーあずさE351系”が引退し、“新型車両E353系”になった事を新聞で知った。主人は我が身をE351系車両と重ねてみているようだ。


あずさ1-新宿 のコピー.jpg


あずさ2-新宿 のコピー.jpg

新宿にて Train in the Shinjuku Station


あずさ2a のコピー.jpg

乗車券と列車  A ticket and train


あずさ3-見送る.jpg

鉄道ファン  Railroad fans


あずさ4-松本 のコピー.jpg


あずさ5-松本 のコピー.jpg

松本駅にて Train in the Matsumoto Station



Update a special license -1
My master has some special licenses on account of his work. One of these licenses expires on the end of this March. To keep this license, it is necessary to update every five years, and it is necessary for him to take courses more than 3 for the update. He worries whether he updates it once again, because he is becoming 70 years old in a few years. Some one wishes his remaining as a specialist. So he decides to update it and he has gone to Tokyo for one course and gone to Kyoto for two courses.
After taking the course in Tokyo, he went to Shinjuku Station. Many railroad fans gathered on the platform and took photos of limited express super-Azusa in which my master was just on board. He asked to one of them,” Is this a special train?”. The fan said, ”Yes, gentleman. You will not see this type train soon”. My master saw many people photographing his getting on train from platforms and many places along railway line. He took them from the window of train getting on. My master knew that the super Azusa E351 system “retired” and the new vehicle E353 system “work”, in a newspaper later. My master seems to put himself on “the vehicle of E351 system”.

nice!(0)  コメント(0) 

2018-03-13

駒ヶ岳に遊ぶ
 我が弟分のチュラ(ミニチュアダックスフンド)が約一ヶ月ぶりに退院してきた。チュラの相手をしながらブログを書き始めている。  二週間程前に中央アルプスの駒ヶ岳、千畳敷カールを散策しながら写真を楽しんだ。夜マイナス15度の中で満天の星を眺め、朝方淡いモルゲンロートに染まる駒ヶ岳をおさめた。


駒ヶ岳 ブログ1.jpg

 駒ヶ岳を背に self portrait 


駒ヶ岳ブログ2.jpg

挑む  challenge


駒ヶ岳ブログ3.jpg

駒ヶ岳をめざす  climbing towards Mt. Komagatake


駒ヶ岳ブログ4.jpg

駒ヶ岳1 Mt.Komagarake -1-


駒ヶ岳ブログ5.jpg

駒ヶ岳2 Mt.Komagarake -2-


駒ヶ岳ブログ6.jpg

the starry heavens


駒ヶ岳ブログ7.jpg

駒ヶ岳3 Mt.Komagarake -3-


The chura (name of miniature dachshund), for my younger brother, left the animal-hospital after an interval of approximately one month. My master began to write this blog while playing with chura.
 He enjoyed a photograph while climbing Mt. Komagatake and hiking the Senjojiki-curl in the Central Japanese-Alps approximately two weeks ago.

nice!(0)  コメント(0) 

2018-02-17

御神渡り “御神渡り”は諏訪湖の冬の風物詩である。諏訪湖の湖面が全面結氷後に数日間気温が下がると氷の厚さが増し、氷が昼夜の温度差により膨張と収縮を繰り返えした結果として諏訪湖の南岸から北岸にかけて轟音とともに氷が裂けて山脈の様に盛り上がったものが“御神渡り”である。半世紀前までは2メートル近くまで盛り上がったと言うが最近では出現しない年もあり、また出現しても数十センチ以下である。1980年代は7回、1990年代は2回、2000年は4回、2010年代はこれまで3回と減少している。これも地球温暖化の影響か。 “御神渡り”は諏訪神社上社の男神が諏訪神社下社の女神のもとに通った道筋というロマンチックな言い伝えがある。“御神渡り”には“一の御渡り”、“二の御渡り”と“佐久の御渡り”の3筋が出来るというから三日三晩通ったことになるのか。


御神渡り_00001b_01 のコピー.jpg

“御神渡り”ロマンスの道 The“Omiwatari” - the romance road


御神渡り_00001a_02 のコピー.jpg

御神渡り_00001a_01 のコピー.jpg

全面結氷に輝く  Brightness of the ice


The “Omiwatari” is a winter natural scene, which adds poetic charm to the winter-season of the Lake Suwa. When a cold day continues for several days after water froze entirely, thickness of the ice increases. The ice, which froze thick, does the expansion and the shrinkage by the difference of temperature of the night and day. As a result, ice is split with a roaring sound and swells like a mountain range. This is the “Omiwatari”. They say that the ices swelled to nearly 2 meters until half a century ago, but the ices swell recently less than dozens of centimeters even if it appears. In late years, the frequency of the “Omiwatari” appears decreases.
"The ice cracks" have the romantic legend called the route that a male deity of the Kamisha of Suwa-jinja Shrine passed to the goddess of the Shimosha of Suwa-jinja Shrine.

nice!(0)  コメント(0) 

2018-02-02

国宝松本城氷彫フェスティバル2018
  松本市市制施行110周年記念 

恒例の国宝松本城氷彫フェスティバル2018(松本城公園)が今年も開催された。夜半から氷との格闘が始まった。我が猫ジローの主人達は9:00頃お城に出かけ小一時間氷との格闘を見てきた。天気予報では厳しい寒波になると報じていたが例年になく暖かい晩であったことから我が猫ジローの主人は日が昇ると溶け始めるのではないかと心配しながら床に入った。本朝5時前にお城に出かけた。氷との格闘が一晩中続いたのだろう。松本城を背景に見事な氷の群像の林立を目にしてシャッターを押したようだ。氷彫はライトアップされ幻想的な雰囲気が作り出された。体を温めるようにと奥さんが豚汁を買ってきた。7:00頃北アルプスが淡いモルゲンロートに染まった。


1.jpg

お城のライトアップされ氷彫作りが行われている. The castle is lighted up, and the making of ice carving is carried out.


2.jpg

3.jpg

4.jpg

寒中のなか作業は黙々として行われる. The work is performed silently in cold.


5.jpg

6.jpg

闇夜に氷彫が浮かぶ.  Ice carving in a dark night


7.jpg

8.jpg

9.jpg

ライトアップされた氷彫.  The ice carving that was lighted up.


10.jpg

北アルプスが淡いモルゲンロートに染まった.  The Northern Alps were stained with light Morgenrot.



National Treasure Matsumoto-jo Castle Ice Caving Festival 2018

Annual national treasure Matsumoto-jo Castle ice carving Festival 2018 (Matsumoto-jo Castle park) was held this year. A fight with the ice began at midnight. My masters went to the castle at about 9:00 and watched fights with the ices. A fight with the ice would continue overnight. They saw the bristling of the group of wonderful ice backed by Matsumoto-jo Castle and push the shutter. The ice-carvings were lighted up, and fantastic atmospheres were created. The Northern Alps were stained with light Morgenrot at about 7:00.

nice!(0)  コメント(0) 

2018-01-19

富士山モルゲンロートに染まる

新春のブログは富士山からはじめようと考えていた我猫ジローの主人. 昨年末から天候不順でなかなか富士山を撮りに行くタイミングに恵まれなかった. 明日は冷えるという天気予報に心踊らせて出かけていった. 山中湖湖畔には20人程度がカメラを構えていた. 時々刻々と変わるおもしろさにシャッターを押し続けたようだ.


DSC_2380 のコピー 3.jpg


DSC_2395 のコピー 3.jpg


逆さ富士 inverted image of Mt.Fuji


DSC_2415 のコピー 3.jpg


新雪に染まる山頂 The mountaintop where fresh snow is dyed


DSC_2549 のコピー 4.jpg


オオハクチョウと逆さ富士 whooper swans and inverted image of Mt.Fuji




Mt.Fuji stained with Morgenrot.

My master intended to begin with Mount Fuji for the first blog on the New Year. It was difficult for him to take such photos, because the weather was unstable from the end of last year. He watched a weather chart and was convinced that temperature would fall down by beautiful weather tomorrow. He and his wife left their house at 4:00am and went to Yamanaka Lake. The scenery changed every seconds.

nice!(2)  コメント(0) 

2017-12-21

高ボッチより

寒い日が続いている。昨日の天気図の予想通り全国的に高気圧に覆われたようだ。我が主人達は、朝4時に起きて高ボッチに出かけた。高ボッチから諏訪湖方面を眺めれば、八ヶ岳、富士山、南アルプスが見える。西から北には乗鞍岳、北アルプスが望め、西南の方向には御嶽山が望める。


高ボッチ1 のコピー.jpg

6:30am頃 八ヶ岳、富士山、南アルプスが諏訪湖を囲むように連なる。 Mt.Yatugatake, Mt.Fuji, the Southern Alps


高ボッチ2 のコピー.jpg

諏訪湖と富士 Lake Suwa and Mt.Fuji


高ボッチ3 のコピー.jpg

7:20am 頃 北アルプスがモルゲンロートに染まる The Northern Alps were stained with Morgenrot.


From Mt.Takabocchi
Recently, my masters had cold days. According of the evening-weather chart, my master thought a high atmospheric pressure would cover nationwide in the tomorrow morning, so they would enjoy the mountain-views. At 4:00am, they started to climb up the Mt.Takabocchi.

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -